MENU

効果、味、酵素・・・何で選べばいいのかを調査してみた

同じ青汁でも、名前に「フルーツ」と入っている者同士は、どこがどう違うのか気になりませんか?たくさん青汁がある中で、選ぶのが大変になっている今、どんな商品がより自分向けなのかを知るのは大切なことです。そのためには比較するのが一番!いくつかポイントを絞ったので、どうどこが違うのか注目してみてください。

 

それぞれのポイントで対決!

効果

まずは、比較対象になったすっきりフルーツ青汁とはどんな青汁なのかを少し覗いてみましょう。この青汁の目的は、めっちゃたっぷりフルーツ青汁と同じく健康維持や美容、そしてダイエットです。目指す効果が同じため、ここからどちらを選ぶかを決めるのは難しいでしょう。

 

めっちゃたっぷりフルーツ青汁が味が薄くフルーティーだとしたら、すっきりフルーツ青汁はそれよりは苦みがあるようです。というのも、原料が違うから。めっちゃたっぷりフルーツ青汁は大麦若葉やクマザサを使っていますが、すっきりフルーツ青汁はケールも使っています。

 

青汁業界でケールといったら権威で、驚異的な栄養を持つスーパー野菜です。大麦若葉だって負けてはいないのですが、ケールには弱点があります。それは、「飲みにくい」こと。苦みと野菜の青臭さがあるので、それを完全に消しさるのは難しいです。野菜は苦手じゃないよという方はすっきりフルーツ青汁、どうしても苦手・・・という方はめっちゃたっぷりフルーツ青汁が向いています。

 

酵素の数

めっちゃたっぷりフルーツ青汁に含まれる酵素の数は149種類以上と、大々的に宣伝しているほど自慢の出来なようですが、すっきりフルーツ青汁にも酵素は配合されています。数は80種類なので、単純に数量で言えばめっちゃたっぷりフルーツ青汁の勝ちになります。

 

ただ、厳選して選びぬかれたものを使っているのだとしたら、それぞれの開発者の意見の食い違いもあるでしょうから一概にどちらが良いとは言えません。つまり、多ければ良いとはならないのです。

 

まとめ

3つのポイントに絞って青汁の内容を見てみましたが、決め手となるのは@〜BのうちAの味でしょう。目指す効果が同じであればそこを吟味する必要はなさそうですが、数カ月、または長年にわたって続けるのであれば飲みやすくないといけません。人それぞれ味の好みはありますから、どんな青汁がより続けられるかなと検討してみましょう。