MENU

味の薄さを良いと言うか悪いと言うかは意見が分かれるところ

いくら身体に良いといっても、その効果があらわれるまで飲み続けられなければ意味がありません。青汁は続けることで健康になっていくわけですから、途中棄権するようであればお金がもったいないですよね。そこで、ここではその味はどうなのかに着目してみました。

 

青汁っぽさはない

多くの口コミを見てみると、青汁特有の青臭さはないとのことです。ケールなどを原料として使っているとどうしても臭みが出てしまい、他の甘み成分を混ぜることが多いのですが、めっちゃたっぷりフルーツ青汁はダイエットを目的として利用している方も多いので、できることなら余計な糖分は入れないでほしいものです。

 

その点、めっちゃたっぷりフルーツ青汁は太りやすいような糖は入っていないので安心ですね。苦みに苦戦して今まで続けられなかったという方も、これでやっと青汁生活が送れる!と重宝しているようです。野菜ジュースさえ嫌いで飲めない、というような方にはお勧めできるでしょう。

 

苦みはないが味もない?

味がないとまではいかないようですが、いわゆる青汁のイメージをしているとちょっとびっくりな展開になるようです。たっぷりの成分があるために、多くの青汁では味が濃くなています。しかし、めっちゃたっぷりフルーツ青汁は味が薄いという方がほとんど。

 

よってこれを物足りないと感じる人も出てきています。ただ、牛乳か豆乳で割ると飲みやすくなるそうなので、牛乳は飲めるという方は水ではなくこの方法で試してみることをお勧めします。ちなみに、粉っぽさはないようですが、牛乳の場合はよくかき混ぜた方が良いという意見もありました。最後の方、ダマになっているとそれはそれで飲みにくいですからね。

 

まとめ

まずいというイメージはめっちゃたっぷりフルーツ青汁にはついていないようでした。薄い味をどうとらえるかによって、これをメリットと言うかデメリットと言うかに分かれた程度です。

 

もう少ししっかりと味付けがある方が好みだという方は牛乳で割るという工夫をすれば飲めるでしょう。他のジュースでもいけるかどうか色々試してみると自分流のアレンジもできますね。