MENU

カフェインも入っていないから安心して飲める♪

授乳中は、赤ちゃんのための母乳にお母さんが食べたものが影響しますから、口に入れるものには注意が必要ですよね。カフェインを控えたり、アルコール摂取を辞めたというお母さんも少なくないはず。

 

自分よりも赤ちゃんに目が行く時期に、めっちゃたっぷりフルーツ青汁は飲んでも大丈夫なのでしょうか。以前から飲んでいる方はそのまま継続可能なのか、授乳期から飲み始める方も是非参考にしてみてください。

 

授乳中に飲んでも問題なし!

青汁に含まれる成分によっては妊娠中や授乳中には控えた方が良い商品もありますが、めっちゃたっぷりフルーツ青汁に関しては飲んでも問題ありません。身体が過敏になっている時期ではあるので、もし身体に合わないとわかれば直ちに辞め、かかりつけの医師や薬剤師さんに相談する必要がありますが、不具合がなければ特に気にすることはありません。

 

妊娠中もそうですが、授乳中もまだまだ栄養が要ります。赤ちゃんが唯一頼れるお母さんのおっぱいは栄養満点。それで大きく育つのですから、栄養不足になってしまってはいけませんね。できるだけ粉ミルクでは育てたくないという方針であれば尚更です。めっちゃたっぷりフルーツ青汁にはたくさんの栄養分が含まれているので、それでたっぷりと栄養を得ることができます。

 

また、産後ダイエットを徐々に始めたいなという方にも向いています。急激な変化は身体に負担も掛かり、特に授乳中には危険なことですが、ゆっくりとしたペースでならめっちゃたっぷりフルーツ青汁は有効に作用してくれます。メーカー側もQ&Aにて授乳中の摂取はOKと言っているので、不安になる要素はないでしょう。

 

まとめ

口に入れるものに対して過敏になる時期には、あれは大丈夫でこれはダメ・・・と気を使うことでしょう。めっちゃたっぷりフルーツ青汁は1日1杯でかなりの栄養補給ができるので、授乳中なのに風邪をひいて食欲がない、栄養不足で肌が荒れてきてしまった、という場合にも有効です。

 

ちなみに、1歳半くらいからは子どももめっちゃたっぷりフルーツ青汁を飲めるので、親子そろって飲むのにも良いですね。お母さんも赤ちゃんも、めっちゃたっぷりフルーツ青汁で元気にいきましょう!